病棟・設備のご紹介

社会医療法人財団 城南福祉医療協会 大田病院の『回復期リハビリテーション病棟』をご紹介させて頂きます。大田病院は5階建てとなっておりますが、2階部分が回復期リハビリテーション病棟、地下1階部分がリハビリ室となっており、回復期における集中的なリハビリテーションに対応しております。

2階 回復期リハビリテーション病棟 見取り図

大田病院2階の回復期リハビリテーション病棟は、中央にスタッフステーションを配置し、周りに病室を配置した構造となっており、スタッフによる目の行き届いた対応を可能としています。また、通常の相部屋の病室だけでなく、個室も完備しています。浴室も通常の浴室だけでなく、広くスペースをとった介助浴室を完備しています。また2階にはST室(言語聴覚士による対応)も完備しています。

病棟写真

病棟外観
大田病院は白い5階建ての病棟となっています。


エントランス
明るい院内は常に清潔を保っています
エレベーターホール
広くスペースをとったエレベーターホール


エレベーター前
エレベーターは2基並んでおり混雑回避に役立っています。

リハビリ室
リハビリ室は広く余裕のあるスペースを確保しています。

病棟エレベーター前
2階でエレベーターをおりると左右に病室が配置されています。
病棟廊下
廊下も明るく広めの作りとなっています。
スタッフステーション前
スタッフステーション前もゆとりのあるスペースが確保されています。
スタッフステーション
スタッフがいつも笑顔で対応させて頂いております。
病室
病室もゆとりのあるスペースを確保し回復期リハビリテーションに対応しています。
病室(個室)
大田病院の回復期リハビリテーション病棟では相部屋だけでなく個室も完備しております。
浴室
ゆとりのあるスペースを確保した浴室。手摺なども完備しています。
介助浴室
大田病院では介助浴室も完備しています。介助の必要な方の入浴に対応しています。